家事・子育ての合間にブログ・アフィリエイト・メルマガで収入を得る!

WordPressで簡単に目次を作れるプラグイン『Table of Contents Plus』のインストールと設定方法

miiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
miiko
初心者さんのブログ運営をサポートしています。 Wordpress作成・ブログ記事の書き方・レポートや特典の作り方・メルマガ配信など、初心者さんの『困った(>_<)』をサポートします。
詳しいプロフィールはこちら

目次を作れるプラグイン『Table of Contents Plus』

 

ブログ記事が長くなった時は、本のように目次があると、どこに何が書かれているのかが一目でわかるようになり、訪れた方が読みやすいブログになります。

 

じっくりと読み直したい場所へもビューンとすぐに移動でき、マウスをコロコロさせながら記事内を探す手間も省けます。

ユーザービリティ大切ですよね(=゚ω゚)ノ

 

ということで、見出しタグから自動で目次を生成してくれる便利なプラグイン『Table of Contents Plus』を紹介します。

 

Table of Contents Plusのインストール

 

1.Wordpress管理画面【プラグイン】→【新規追加】をクリックします。

目次を作れるプラグイン『Table of Contents Plus』設定方法

 

 

2.キーワードに【Table of Contents Plus】(【】は抜かしてください。)と入力します。

目次を作れるプラグイン『Table of Contents Plus』設定方法

 

 

3.【今すぐインストール】をクリックします。

インストールが終了したら右上(もしくは左下)の【有効化】をクリックします。(画像なしm(__)m)

目次を作れるプラグイン『Table of Contents Plus』設定方法

 

 

4.【設定】をクリックします。

目次を作れるプラグイン『Table of Contents Plus』設定方法

 

『Table of Contents Plus』のインストール方法は以上です。

次に『Table of Contents Plus』の設定をしていきます。

 

Table of Contents Plus 基本設定

 

1.【位置】 目次を表示させたい場所を選びます。お好みで4つの中から選んでください。

・最初の見出しの前(デフォルト)

・最初の見出しの後(デフォルト)

・トップ(記事の最初)

・ボトム(記事の最後)

 

2.【表示条件】見出しがいくつ以上の時に目次を表示させるかを選びます。

ここでは2つ以上の見出しがあるときに、目次を表示させるようにしました。

個人的には2~3つ見出しがあったら目次を表示させたほうが、親切かなぁと思います。

 

3.【以下のコンテンツタイプを自動挿入】目次を生成するページの種類を選びます。

ここでは、post(投稿ページ)・page(固定ページ)を指定しました。

post(投稿ページ)は必須ですね。page(固定ページ)はお好みで選んでください。

 

4.【見出しテキスト】目次の上にタイトルを表示させるか、ユーザーによる表示の切り替えを設定します。

・目次の上にタイトルを表示→デフォルトはContentsです。ここでは目次に変更しました。

・テキストを表示→デフォルトはshow。ここでは表示に変更しました。

・テキストを非表示→デフォルトはhide。ここでは非表示に変更しました。

 

5.【階層表示】h2・h3などを階層表示するか、しないか選びます。

ここでは階層表示をしたいのでチェックをいれておきました。

 

6.【番号振り】目次に番号を入れるか入れないか選びます。

番号振りを選択するとこんな感じです。

1.〇〇〇

2.◇◇

ここでは番号振りをしたいので、チェックを入れました。

 

7.【スムーズ・スクロール効果を有効化】選択した目次までの移動方法を選びます。

一気に選択した目次まで飛ぶか、スクロールしながら移動するかの2つです。

チェックを入れるとスクロールしながら移動します。

 

8.【横幅】【回り込み】【文字サイズ】

目次の横幅、位置、文字のサイズの設定です。

デフォルトのままで大丈夫ですが、カスタマイズしたい場合はお好みで変更してください。

 

9.【プレゼンテーション】目次のデザインを選びます。

6種類のなかからお好みで選んでください。

 

最後に【設定を更新】をクリックして基本設定は終了です。

目次を作れるプラグイン『Table of Contents Plus』設定方法

 

 

見出しを表示させたくないとき

 
 
3.【以下のコンテンツタイプを自動挿入】目次を生成するページの種類を選びます。
ここで選択したページの種類の中でも、個別で見出しを表示させたくないときがあります。
 
そんな時は、 [no_toc]と入力してください。

入力する場所は本文中ならどこでも大丈夫です。

 

 

まとめ

 

目次があると読みやすさがアップしますし、導入して1度設定すれば、自動生成してくれるので楽チンです。

 

今回設定したものは【プラグイン】→【Table of Contents Plus】→【設定】からいつでも変更可能です。

ご自身のブログのデザインやユーザーの読みやすさを考えて、設定してみてくださいね(*’▽’)

 

目次に関連記事のタイトルが入ってしまった時は、こちらの記事を参考にしてください。

目次生成プラグイン『Table of Contents Plus』で関連記事のタイトルを除外する方法

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*'▽')

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

メルマガ登録

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
miiko
初心者さんのブログ運営をサポートしています。 Wordpress作成・ブログ記事の書き方・レポートや特典の作り方・メルマガ配信など、初心者さんの『困った(>_<)』をサポートします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みーこの自宅でネットビジネス , 2017 All Rights Reserved.