家事・子育ての合間にブログ・アフィリエイト・メルマガで収入を得る!

リンク切れをチェックするプラグイン『Broken Link Checker』でエラーページのメンテナンスをしよう

miiko
WRITER
 
『Broken Link Checker』
この記事を書いている人 - WRITER -
miiko
初心者さんのブログ運営をサポートしています。 Wordpress作成・ブログ記事の書き方・レポートや特典の作り方・メルマガ配信など、初心者さんの『困った(>_<)』をサポートします。
詳しいプロフィールはこちら

 

ブログ運営を始めたら、気を付けたいのが、リンク切れです。

リンク切れを放置してしまうと、ユーザーに不便なサイトだと思われるだけでなく、Googleからも管理の行き届いていないサイトと判断され、あなたのサイトの信頼性も下がってしまいます。

 

リンク切れは、自分のブログ内のリンク切れだけでなく、外部に張ったリンクや、コメントに寄せられたリンクなども、対象となりますので、全てのリンクが正常かどうか把握するのは大変になります。

そこで、内部リンクも外部リンクも、一括で管理できるプラグイン『Broken Link Checker』をインストールして、リンク切れを随時チェックしもらいましょう(*’▽’)

 

 

『Broken Link Checker』インストール方法

 

WordPressの管理画面から①【プラグイン】→②【新規追加】をクリックします。

『Broken Link Checker』

 

 

①キーワードに【Broken Link Checker】と入力します。

②『Broken Link Checker』が検索されたら【今すぐインストール】をクリックします。

『Broken Link Checker』

 

 

インストールが終了したら、【有効化】をクリックします。

『Broken Link Checker』

 

『Broken Link Checker』のインストールは以上です。

次に、設定画面の確認をします。

 

『Broken Link Checker』の設定

 

『Broken Link Checker』は、インストールしたら、基本的にはデフォルトのままでOKなのですが、チェックしておきたい箇所をご紹介します。

管理画面から①【設定】→②【リンクチェッカー】をクリックします。

『Broken Link Checker』

 

 

設定画面の【一般】から

①新たに検出されたリンクエラーについてメールで通知を受け取るに、チェックがついているか確認してください。

リンク切れに早めの対応ができるように、メールで通知してもらうことをおススメします。

②リンクエラーにカスタムCSSを適用する→次の画像をご覧ください。

『Broken Link Checker』

 

 

②のリンクエラーにカスタムCSSを適用するにチェックをいれると、リンク切れがあった際に、次の画像のように取り消し線で表示されます。

まれに、リンク切れでないものも、リンク切れと判断されてしまうミスもあるようなので、ミスがあったときは、手動で訂正するまで取り消し線付きで、表示されてしまいます。

私は、今のところ、このミスが起きたことはないので、そこまで慎重にならなくてもいいかとは思いますが、ここはお好みで決めてください。

『Broken Link Checker』

 

チェックしておきたい箇所は以上です。

次に、リンクエラーのチェックと対応方法について紹介します。

 

 

リンクエラーの対応方法

 

リンクエラーがあった場合、通知を受け取る設定をしておけば、Wordpressの設定時に登録したメールアドレスに、リンクエラーの通知が来ますので、早めに対応するようにしましょう。

WordPress管理画面のダッシュボードから、リンクエラーの詳細を確認できます。

『Broken Link Checker』

 

 

【リンクエラーを発見しました】開くと、リンクエラーが一覧表示されますので、アドレスの下にマウスを合わせ、修正方法を表示させます。

 

 

修正方法は以下の5項目です。

1.URLを編集

2.リンク解除

3.リンクエラーでない

4.無視

5.再確認

 

URLを編集

 

正しいURLを入力して、リンク切れを修正します。

【URLを編集】をクリックします。

 

 

正しいURLを入力して【更新】をクリックします。

 

 

リンク解除

 

リンクエラーになっている個所を、削除して修正します。

 

 

リンクエラーでない

 

リンク先が正しい場合、リンク先がエラーでないことを認識させ、修正します。

 

 

無視

 

リンク先を非表示にし、ステータス(リンクにどのような問題があるか)が変わるまで、エラーに表示させないようにします。

 

 

再確認

 

リンクエラーの現状を再確認します。

 

 

まとめ

 

記事数が増えるほど、リンクの数も増えていきます。

数多くのリンクを全て把握し、管理することは、とても大変な事でが、『Broken Link Checker』をインストールすれば、一括管理もでき、リンクエラーを見逃さずに対応できます。

 

リンクエラーは、ユーザーにとってもGoogleにとっても、管理の行き届いていないサイトと、判断される要因になってします。

 

リンクエラーのメールが届いたら、早い段階で対応していきましょう(*’▽’)

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*'▽')

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

メルマガ登録

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
miiko
初心者さんのブログ運営をサポートしています。 Wordpress作成・ブログ記事の書き方・レポートや特典の作り方・メルマガ配信など、初心者さんの『困った(>_<)』をサポートします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みーこの自宅でネットビジネス , 2018 All Rights Reserved.