このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスアップ・ブログ分析のために導入したい『Google Search Console』の登録方法

『Google Search Console』登録方法

ブログ運営者には欠かせない『Google Search Console』について、ご紹介します。

アクセスアップや、サイトの改善には欠かせないツールですので、ブログ開設をしたら必ず登録してください(^^)

検索結果に表示されるために必要な『インデックス』をGoogleにお願いできる機能(

サイトマップ送信)の他にも、初心者さんが押さえておきたい機能をまとめてみました。

『Google Search Console』の登録方法は、図解入りで解説していますので、ブログを見ながら一緒に進めてみてくださいね(*’▽’)

こちらの記事を、まだご覧になっていない方は、

ブログを検索結果に表示させる方法とインデックスの仕組み

を、先に読まれると、わかりやすいと思います。

Google Search Consoleとは?

『Google Search Console』は、Googleが無料で提供しているサービスです。

サイトマップを送信したり、サイトの改善点を把握するために役立つツールになります。

ブログのアクセスアップのためには、登録必須のおススメツールです。

今回はブログ初心者さんが、押さえておきたい機能をご紹介します。

■検索アナリティクス

検索アナリティクスのデータから、ユーザーの検索パターンを把握することができます。

あなたのページが表示されるときに、ユーザーが検索しているキーワードがわかり、タイトルや記事に、どのようなキーワードを入れると、効果的なのかが把握できます。

その他、ページごとの表示回数や、クリック率、訪れたユーザーはPCからなのか?スマホからなのか?など細かく分析でき、ブログの改善やアクセスアップに繋げることができます。

Googleアナリティクスの登録は、こちらの記事からご覧ください。

アクセスアップに必須のブログの改善点がみえる無料アクセス解析ツール『Googleアナリティクス』の導入方法

■Fetch as Google

Fetch as Google では、新しく作成した記事をピンポイントで、インデック依頼することができます。

依頼すれば必ずインデックスが早まるわけではないのですが、作成して間もないブログは、インデックスに時間がかかるので、少しでも早く検索結果に表示されるために、クローラーを呼び込みましょう。

■サイト エラー

サイトエラーとは、あなたのブログ記事に何らかのエラーがあり、クローラーが情報を取得できなかったページを、知らせてくれます。

クローラーが情報を取得できない=インデックスされない

ということになりますので、サイトエラーのデータを参考に、クローラーが情報を取得できるように修正することで、検索結果に表示されるように対応できます。

■サイトマップ

サイトマップとは、検索エンジン向けのサイトの目次のようなもので、サイトがどのように構成されているかを示すものです。

サイトマップを送信することで、新しく追加したページをGoogleに把握してもらい、検索結果に反映されやすくなります。

また、作成したばかりの新しいブログや、ページ数の多い複雑なブログは、定期的にサイトマップを送信することで、クローラーがサイト内を巡回しやすくなり、インデクスされやすくなります。

■手動による対策

ブログ運営をするうえで、気を付けておきたいのは、Googleからのペナルティです。

Googleが公表している、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)をご存知ですか?

不自然にリンクの多いサイトや、オリジナルコンテンツの少ないサイトなど、不正行為や偽装行為を防止する対策として定められているものです。

ペナルティを受けたサイトは、掲載順位が落ちてしまったり、インデックスの削除をされてしまいます。

知識不足から悪意なくガイドラインに反してしまった場合も、ペナルティを受けることになりますので注意が必要です。

手動による対策では、あなたのブログがガイドラインに反してしまった場合、該当ページや内容を把握することができます。

この情報を参考に修正することで、ペナルティが解除されます。(ペナルティ解除には一定期間かかるようです)

Google Search Console登録方法

では、『Google Search Console』の登録をしていきましょう。

『Google Search Console』登録ははこちらから

*Googleにログインが必要です。

Google Search Console

Search Consoleにアクセスしたら

Search Consoleの画面右にある【プロパティの追加】をクリックします。

『Google Search Console』登録方法

【サイトのURL】を入力し【追加】をクリックします。

『Google Search Console』登録方法

ここでは【おすすめの方法】について紹介していきます。

『Google Search Console』登録方法

1.【このHTML確認ファイル】をクリックし、ダウンロードします。

ダウンロードしたファイルは、わかりやすい所に保存してください。

パソコンに不慣れな方は、デスクトップに保存すると、わかりやすいと思います。

2.ここでは『エックスサーバー』でのアップロード方法の解説になります。

エックスサーバーの【管理画面】から【ファイルマネージャー】にログインします。

『Google Search Console』登録方法エックスサーバーアップロード

①【アップロードしたいサイト】を選択し、②選択したURLが反映されていることを確認します。

【public html】のフォルダーを開きます。

①ファイルのアップロードの【参照】をクリックし、先ほど保存した【HTML確認ファイル】を選択します。

②ファイル名が反映されたら【アップロード】をクリックします。

アップロードされていることを、確認してください。

【私はロボットではありません】にチェックをして【確認】をクリックします。

サイトの所有権が確認され、『Google SearchConsole』が使用できるようになりました。

『Google Search Console』登録方法所有権確認

登録お疲れさまでした(^o^)丿

サイトの所有権が確認されたら、クローラーに来てもらうために『Search Console 』からリクエスト申請をしていきましょう。

Google Search Console:リクエスト申請

あなたの【サイトのURL】を入力し【私はロボットではありません】にチェックを入れ【リクエストを送信】をしてください。

Googleサーチコンソール

『Google SearchConsole』の登録とリクエスト申請は以上です。

まとめ

『Google SearchConsole』では、サイトの改善点を把握するための情報や、SEO対策に関する情報など、様々な情報をを入手することができます。

サイトマップ送信の他にも、様々な情報をブログの改善に活用することができます(*^^*)

ブログを作成したら『Google SearchConsole』の導入をしてくださいね!

クローラーに来てもらうためのサイトマップの送信は、プラグインを導入して行うこともできます。

Googleエンジン向けのサイトマップ『Google XML sitemap』の導入と設定方法

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*'▽')

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログでは、私がアフィリエイトを始めたばかりの時に、

『躓いたこと』

『知りたかったこと』

『こんなアドバイスがほしかったなぁ』

と思った事などを、初心者の方にも解りやすいように紹介しています。

メルマガでは、ブログの入門講座に続き、アフィリエイト初心者でも『稼ぐ力』を身につけるための情報を発信中です📧

今ならアフィリエイトのスタートダッシュに役立つ、3つのレポートをプレゼント中✨

本気でアフィリエイトと向き合いたい方、お待ちしています(*´ω`*)

🎁プレゼントの詳細と登録は、こちらからお願いします。

◆無料メール講座