このエントリーをはてなブックマークに追加  ブログランキング・にほんブログ村へ

WordPressをインストールしたら、まずはブログのSSL化設定をしよう!

WordPressのインストールが終わったら、初めにやることは、『ブログのSSL化』です。

デザインを変更したり、記事を投稿したりしたいところですが、『ブログのSSL化』設定を後回しにしてしまうと、何倍もの手間と時間がかかってしまうことになります(>_<)

なので、必ず最初におこなうようにしてください。

作業の前に、こちらの記事を先にご覧くと、『SSL化』の必要性が解りやすいと思います。

『SSLって何?WordPressをエックスサーバー(Xserver)でSSL化してhttpsにするための準備しよう』

見て頂きたいのは

SSLとは?

SSL化でSEO対策に効果あり?

SSL化でセキュリティを強化してユーザーの信頼度アップ

になります。

④作業の前にWordpressのバックアップ!

⑤WordPressをSSL化する手順

は、必要ありません。

では、『SSL化』の作業をしていきましょう!

エックスサーバー(Xserver)でSSL設定をする

エックスサーバーの【サーバーパネル】にログインします。

右側のドメインの列にある【SSL設定】をクリックします。

ドメイン選択画面が表示されたら、今回SSL化したいドメインを選択します。

SSL設定画面が表示されたら①【独自SSL設定の追加】を選択します。

②【サイトを選択】します。

③【独自SSL設定を追加する(確定)】をクリックします。

画面が切り替わり『SSL設定が反映するまで、最大1時間程度かかります。今しばらくお待ちください。』と表示されます。

少し時間をおいた後、SSL設定の一覧を選択し、SSL用アドレスをクリックします。

SSL設定が済んでない場合は、エラーメッセージが表示されます。

*エラーメッセージは、お使いのブラウザによって、表示内容に違いがあります。

私の場合は20分くらいで反映されました。

反映されるまでの時間は、人によって違うようなので、URLをクリックしても反映されてない場合は、しばらく時間をおいてから再度確認してください。

エックスサーバーのSSL設定は以上です。画面は閉じてしまって大丈夫です。

サーバー側のSSL設定の次は、Wordpress側の設定をしていきます。

WordPressのURLをhttpsに変更する

WordPressにログインし、管理画面を開きます。

ユーザー名・パスワードは、Wordpressをインストールした時に入力したものです。

①【設定】→②【一般】を選択します。

一般設定の【WordPress アドレス (URL)】と【サイトアドレス (URL)】を

http】から【https】に変更します。

Sを足して【https】に変更できら【変更を保存】をクリックします。

この設定が終了すると、Wordpressは『保護された通信』に変わり、アドレスバーの表示からSSL化されたことが確認できます。

これで、SSL化の設定は終了です。

まとめ

無事に『ブログのSSL化』はできたでしょうか?

そんなに難しい事はなかったと思います(^^)

WordPressをインストールして、すぐに『SSL化』を済ませれば、すごく楽なんです♪

今、取り組み始めたアフィリエイトは、個人情報やクレジット情報を取り扱います。

インターネットでは、様々な情報をやり取りをするので、利用する立場になって考えれば、セキュリティ面の強化は安心にもつながります。

あなたのブログに訪れてきてくれた方に、安心して利用してもらうためにも、『ブログのSSL化』は大切な設定になりますので、必ずおこなってくださいね(*’▽’)

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*'▽')

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログでは、私がアフィリエイトを始めたばかりの時に、

『躓いたこと』

『知りたかったこと』

『こんなアドバイスがほしかったなぁ』

と思った事などを、初心者の方にも解りやすいように紹介しています。

メルマガでは、ブログの入門講座に続き、アフィリエイト初心者でも『稼ぐ力』を身につけるための情報を発信中です📧

今ならアフィリエイトのスタートダッシュに役立つ、3つのレポートをプレゼント中✨

本気でアフィリエイトと向き合いたい方、お待ちしています(*´ω`*)

🎁プレゼントの詳細と登録は、こちらからお願いします。

◆無料メール講座