家事・子育ての合間にブログ・アフィリエイト・メルマガで収入を得る!

エックスサーバー(Xserver)でWordPressを途中からSSL化してhttpsにするための方法を全手順わかりやすく解説します

miiko
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
miiko
初心者さんのブログ運営をサポートしています。 Wordpress作成・ブログ記事の書き方・レポートや特典の作り方・メルマガ配信など、初心者さんの『困った(>_<)』をサポートします。
詳しいプロフィールはこちら

 

今回は、WordpressをSSL化してhttpsにするための作業を行っていきます。

前回の記事を読んでいない方は、こちらをを先にご覧ください(^^)

 

Wordpressの バックアップも取ったし、準備OKだよ!

ブー

作業工程は多いけど、どれも難しいことではないから、説明通りに進めていけば大丈夫だよ!!

miiko

 

 

エックスサーバー(Xserver)でSSL設定をする

 

エックスサーバーの【サーバーパネル】にログインします。

 

 

 

右側のドメインの列にある【SSL設定】をクリックします。

 

 

 

ドメイン選択画面が表示されたら、今回SSL化したいドメインを選択します。

 

 

 

SSL設定画面が表示されたら①【独自SSL設定の追加】を選択します。

②【サイトを選択】します。→③【独自SSL設定を追加する(確定)】をクリックします。

 

 

 

画面が切り替わり『SSL設定が反映するまで、最大1時間程度かかります。今しばらくお待ちください。』と表示されます。

 

 

少し時間をおいた後、SSL設定の一覧を選択し、SSL用アドレスをクリックします。

 

 

SSL設定が済んでない場合は、エラーメッセージが表示されます。

*エラーメッセージは、お使いのブラウザによって、表示内容に違いがあります。

 

私の場合は20分くらいで反映されました。

 

反映されるまでの時間は、人によって違うようなので、URLをクリックしても反映されてない場合は、しばらく時間をおいてから再度確認してください。

エックスサーバーのSSL設定は以上です。画面は閉じてしまって大丈夫です。

 

サーバー側のSSL設定の次は、Wordpress側の設定をしていきます。

 

 

WordPressのURLをhttpsに変更する

 

WordPressの管理画面を開きます。

①【設定】→②【一般】を選択します。

 

 

 

一般設定の【WordPress アドレス (URL)】と【サイトアドレス (URL)】を

http】から【https】に変更します。

 

 

 

Sを足して【https】に変更できら【変更を保存】をクリックします。

 

 

 

この設定が終了すると、Wordpressは『保護された通信』に変わり、アドレスバーの表示からSSL化されたことが確認できます。

 

 

 

この作業で、Wordpress自体はSSL化されたのですが、投稿ページや固定ページなど、ページ1つ1つを細かくみていくと【http】と【https】の混在した状態です。

検索結果から表示されるブログは、まだSSL化が終了してしません。

 

これはWordpress内にある、画像や内部リンクのURLが【http】のままになっているからです。

このままでは不完全な状態なので、画像や内部リンクのURLを【https】に直していきましょう。

 

 

ブログ内の画像や内部リンクをプラグイン『Search Regex』でhttpsに置き換える

 

画像や内部リンクのURLを【https】に1つ1つ直していくのは、気が遠くなるほど大変な作業になってしまうので、ここではプラグイン『Search Regex』を使って、一気に【https】置き換えていきます。

まずは『Search Regex』をインストールします。

 

『Search Regex』をインストール方法

 

①【プラグイン】→②【新規追加】を選択します。

 

 

 

キーワードに【Search Regex】と入力して検索します。

 

 

 

『Search Regex』が表示されたら、【今すぐインストール】をクリックします。

 

 

 

インストールが終了したら【有効化】をクリックします。

 

『Search Regex』のインストールは以上です。

次に『Search Regex』の設定をしていきます。

 

『Search Regex』の設定

 

WordPressの管理画面から①【ツール】→②【Search Regex】を選択します。

 

 

 

設定画面が表示されたら【Search pattern】と【Replace pattern】にURLを入力します。

【Search pattern】→http~始まる今までのURL

【Replace pattern】→http~始まるSSL化後のURL

入力が済んだら【Replace】をクリックします。

 

 

 

これから置き換えを行う一覧が、表示されます。

記事数が多ければ多いほど、長いリストになりますが、【http】が【https】に置き換わっているか、全てチェックしてください。

チェックしている途中で、置き換わっていないエラーをみつけたら、手動で直せるようメモを取っておきましょう。

 

 

全てのチェックが終わったら、上に戻り【Replace&Save】をクリックして、置き換えを開始します。

 

 

 

『数字occurrences replaced』と表示されたら、『Search Regex』での置き換えは終了です。

 

ブログのURLが【https】に変わったら、今まで【http】のURLでアクセスしていてくれた人はどうなるの?エラーになって表示されなくなるとかないよね…💦

ニャン

いいことに気づいたね!今のままだとエラーになってしまうので、それでは困るから【http】のアクセスを【https】に自動転送するための作業を説明するね。

miiko

 

 

.hataccessにダイレクト用のコードを追加する

 

今まで【http】から始まるURLで、ブックマークの登録をしてくれていた方や、【http】のURLが記載された無料レポートやメルマガからのアクセスも、ちゃんと表示されるように【http】のアクセスを【https】に自動転送するための作業をしていきます。

 

FTPでサーバーにログインして『.htaccessファイル』にコードを追記して編集します。

FTPソフトをインストールしていない方は、こちらの記事をご覧ください(^^)

 

FTPでサーバーにログインします。

画面左の【ローカルサイト】で【デスクトップ】を選択しておきます。

 

 

 

画面右の【リモートサイト】から【SSL化したいドメイン】を選択します。

 

 

 

【public_html】を選択します。

 

 

 

『.htaccess』を選択して右クリックし、【ダウンロード】を選択します。

.htaccessファイルがダウンロードできない、または、見当たらない場合は、事らの記事を参考にしてください。

 

 

 

『.htaccess』ファイルが、デスクトップにダウンロードされます。

万が一に備えて、『.htaccess』ファイルのコピーを作成しておきます。

*コピー方法は『.htaccess』の上で右クリックしコピーを選択します。

 

 

 

『.htaccess』をテキストエディタで開きます。

 

テキストエディタをインストールされてない方は、こちらのサイトからダウンロードできます。→窓の杜

私は使い慣れたサクラエディタを使用しているのですが、基本的にどれでも大丈夫ですので、お好みで選んでください。

 

 

以下のコードを、先頭部分に追記します。

 

 

 

 

【ファイル】→【上書き保存】をします。

 

 

 

FTPの【ローカルサイト】→【デスクトップ】→『.htaccess』の上で右クリック→【アップロード】を選択します。

 

 

 

【上書き】にチェックが入っていることを確認したら【OK】をクリックします。

 

これで【http】のアクセスを【https】に自動転送するための作業は終了です。

 

さっそくブログを確認したら、まだ鍵マークがついてないけど…どうして?

ニャン

残念ながら、まだ完璧な状態ではないんだ💦『ウィジェット』のリンクも直さないといけないんだけど、これが最後の作業だからもう少しだけ頑張って!

miiko

 

 

Firefoxでエラーが出ている個所を見つける

 

ここまでの作業で大半は【https】に置き換えが済んだのですが、WordpressのウィジェットエリアにあるURLは、手動での修正作業が必要になります。

この部分です↓

 

 

1つ1つ修正箇所を探していくのは大変なので、『Firefox』のブラウザを使って、修正箇所を確認していきます。

『Firefox』をインストールされていない方はこちらから→『Firefox

 

『Firefox』でブログを表示させます。

①アドレスバーの鍵マークをクリックし②【>】をクリックします。

 

 

【詳細を表示】をクリックします。

 

 

 

【メディア】をクリックします。

表示されたURLの中から【http】を探します。

クリックすると下にプレビューが表示されるので、画像をみて修正箇所を確認できます。

 

【http】の箇所を全て確認し、『ウィジェット』の修正をしていきます。

 

 

エラーの修正方法

 

WordPressの管理画面から【ウィジェット】を表示させます。

管理画面左上の【ダッシュボード】→【ウィジェット】

 

 

修正する【ウィジェット】を【▲】から開きます。

②【テキスト】をクリックします。

ここに表示されている中の【http】を【https】に変更します。

修正が終わったら【保存】をクリックします。

 

 

 

先ほど『Firefox』で確認した個所を、同様の方法で全て修正していきます。

修正が全て終了し鍵マークがついたら、WordpressのSSL化は終了です(*’▽’)

 

大変だったけど、鍵マークがつくとうれしいね✨

ニャン

お疲れさまでした。これで安全性も証明されたね!次回は、ブログのURLが変わったので、アクセス解析の再設定方法を紹介するね!

miiko

 

 

まとめ

 

WordPressのSSL化は無事に終りましたか?

もし、『ウィジェット』のエラー箇所が多い場合は、数日に分けて少しずつ修正していく方法でも大丈夫です。

今回の作業が終了すれば、あなたのブログも安全性が証明されます(^^)

これで訪れたユーザーも、安心して利用できるようになりますね!

 

この後は、GoogleアナリティクスとSearch Consoleの再設定をして、全行程終了になります。

WordPressのSSL化が全て終了したら、Googleのアクセス解析ツールも、新しいURLの設定を行う必要があります。

 

この設定方法は、こちらの記事で紹介しています。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*'▽')

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

自宅でお仕事!ブログを仕事にしませんか?

初心者でも・実績がなくても自分のペースで

ブログで稼ぐ力を身に付けるための無料メルマガ講座です。

メルマガ登録透過2

さらに、ブログ運営に役立つ4つのプレゼント付き!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
miiko
初心者さんのブログ運営をサポートしています。 Wordpress作成・ブログ記事の書き方・レポートや特典の作り方・メルマガ配信など、初心者さんの『困った(>_<)』をサポートします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みーこの自宅でネットビジネス , 2018 All Rights Reserved.