XサーバーでWordPressのバックアップを取る方法を、図解入りで紹介します

Xサーバーには『自動バックアップ』の機能がついています。

■サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」

■MySQLデータベース「過去14日分」のデータ

このデータを、1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピーしています。

とても安心で頼れる機能なのですが、データの復旧は有料になります(*ノωノ)

参考までに

■サーバー領域データ … ご指定の日のWeb・メールデータ(税込10,800円)

■MySQLデータベース … ご指定の日の特定のデータベース1つ(税込5,400円)

データの受け渡しも『支払いを確認後、48時間以内』と記載されているので、少々時間が必要になります。

データの復元が必要になった場合、『自動バックアップ』の機能は、最終手段で利用する保険と考え、日々のバックアップは自分で作成しておいたほうが、何かと都合がよいと思います。

今回は、Xサーバーで簡単に、Wordpressのバックアップをとる方法を紹介します。

WordPressで作ったブログは、大きく分けて2種類の要素に分かれています。

そのため、Wordpressのバックアップには、2種類のファイルをバックアップする必要があります。

WordPressの仕組みがよくわからない”(-“”-)”というかたは、こちらの記事を先に読むと、わかりやすいと思います。

静的ページと動的ページの違いとWordpressの基本的な仕組みを理解しよう!

サーバー領域データ (データベース上のデータ)のバックアップ方法

Xサーバーにログインします。

①【サーバーパネル】をクリックします。

②【サーバーID(ユーザーID)】を入力します。

③【サーバーパスワード】を入力します。

④【ログイン】をクリックしてログインしてください。

アカウント欄の①【バックアップ】をクリックします。

ホームディレクトリは、すべてのドメインのダウンロードができます。

すべてのドメインを選択する場合は、①【ホームディレクトリ】の【ダウンロード】をクリックします。

各ドメインごとに、バックアップを取りたい場合は②から一つずつダウンロードしてください。

画面が切り替わり、ダウンロードが終了したら、【名前を付けて保存】を選択します。

ここでは、わかりやすいように、デスクトップに保存していきます。

保存する場所は、ご自身で管理しやすい場所に変更してもらっても大丈夫です。

①【デスクトップ(任意)】を選択します。

②【ファイルの名前と形式(〇〇〇.tar)】を確認してください。

③【保存】をクリックします。

サーバー領域のデータ(データベース上のデータ)のバックアップは以上です。

左上の【ServerPanel】から管理画面に戻ります。

MySQLデータベース(サーバー上のファイル)のバックアップ方法

データベース欄の①【MySQL設定】をクリックします。

MySQL設定の①【MySQLバックアップ】を選択します。

②バックアップしたいデータベースの圧縮形式は【gz形式】を選択します。

③【エクスポート】をクリックします。

データベースが複数ある場合、各データベース①~③を繰り返してください。

画面が切り替わりダウンロードが終了したら、【名前を付けて保存】を選択します。

ここでもわかりやすいように、デスクトップに保存します。

保存する場所は、ご自身で管理しやすい場所に変更してもらっても大丈夫です。

①【デスクトップ(任意)】を選択します。

②【ファイルの名前と形式】を確認してください。

③【保存】をクリックします。

MySQLデータベース(データベース上のデータ)のバックアップは以上です。

バックアップデータの管理

先ほどわかりやすいように、デスクトップに保存したデータを確認します。

(データ数は、ドメイン数やバックアップ数によって変わります)

このままでは管理しずらいので、バックアップ用のフォルダーを作成して、まとめておきましょう。

フォルダーの作成方法

デスクトップ上の何もない場所で、マウスを【右クリック】します。

①【新規作成】を選択します。

②【フォルダー】を選択します。

③デスクトップに『新しいフォルダー』作成されます。

新しいフォルダーの文字の上でダブルクリックをして、文字を青く反転させます。

④フォルダーに名前をつけます。ここでは『WordpressBackup』に変更しました。

あとで見たときに、わかりやすい名前に変更してください。

バックアップデータを、作成したフォルダに移動します。

移動させるバックアップデータを選択します。

【Ctrl】を押しながら、①と②(移動させたいバックアップデータ)を選択します。

全て選択されたら、作成したフォルダにドラッグ&ドロップします。

すべてのバックアップデータが、同じ場所に移動されました。

外付けハードディスクへの保存方法

作成したバックアップデータは、パソコンだけでなく、USBやHDDなどの外付けハードディスクにもコピーして保存しておくと、パソコンが故障しても安心です。

USBやHDDなどの外付けハードディスクを、パソコンに接続します。

①先ほど作成した、バックアップのフォルダーの上で、【右クリック】します。

②【送る】を選択します。

③【接続した外付けハードディスク】を選択します。

(ハードディスク名は、接続したものによって異なります)

外付けハードディスクへのコピーは、データが大きくなると数分かかることがあります。

100%完了すると下の画面が消え、コピー終了です。

まとめ

コツコツ作り上げたブログが、何かの障害や不具合がおき、データが全てなくなってしまったら・・・

もし現実に起きたら相当ショックですよね!

悩んで、調べて、また悩んで必死に書いた記事。

消えてしまったら・・・想像しただけでも恐ろしいΣ(゚Д゚)

Xサーバーへのバックアップ+外付けハードディスクへの保存

どんなパソコンでも、故障することは十分考えられるので、大切なデータをしっかり守るためにも念には念をいれて、お伝えしました。

万が一に備えて、バックアップだけでなく、データの保存管理もしておきましょう(*’▽’)

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*'▽')

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

このブログでは、私がアフィリエイトを始めたばかりの時に、

『躓いたこと』

『知りたかったこと』

『こんなアドバイスがほしかったなぁ』

と思った事などを、初心者の方にも解りやすいように紹介しています。

メルマガでは、ブログの入門講座に続き、アフィリエイト初心者でも『稼ぐ力』を身につけるための情報を発信中です📧

今ならアフィリエイトのスタートダッシュに役立つ、3つのレポートをプレゼント中✨

本気でアフィリエイトと向き合いたい方、お待ちしています(*´ω`*)

🎁プレゼントの詳細と登録は、こちらからお願いします。

◆無料メール講座