ブログの平均滞在時間を知って質の高いサイトを育てる

ユーザにとって役に立つ情報や、求めている情報を多く発信できれば

ブログへの滞在時間も長くなり

他の記事への興味を持ってもらえる可能性も高まります。

そしてなにより、滞在時間が長いということは

きちんと役に立つ情報を発信できていて

ブログを評価してもらえている事になりモチベーションもupしますよね(*’▽’)

平均滞在時間の計測方法

ブログの平均滞在時間は、Googleアナリティクスの

ユーザー→概要→平均セッション時間から確認することができます。

Googleアナリティクスについては、こちらでご確認ください。

無料解析ツールGoogleアナリティスクの導入方法

では、どのように計測されているのでしょうか?

●ユーザーがブログに訪問して、訪問したページを2分かけて観覧したとします。

そのままブログを閉じたら、滞在時間は0分です。

●ユーザがブログに訪問して、訪問したページを2分かけて観覧します。

その後、他のページを3分かけて観覧しブログを閉じます。

この場合、滞在時間は2分になります。

●ユーザがブログに訪問して、訪問したページを2分かけて観覧します。

その後、他のページを3分かけて観覧し

更に、他のページを5分かけて観覧しブログを閉じます。

この場合、滞在時間は5分になります。

3つの例をあげてみましたが、お気づきになりましたか?

Googleアナリティスクの平均滞在時間の計上には

最後のページ(離脱したページ)はカウントされません。

なので、ユーザーが訪問したページのみでブログを閉じた場合(直帰)は

ノーカウント・0なのです(*ノωノ)

平均滞在時間をのばすには

ブログの平均滞在時間を延ばすには

質の高いコンテンツを作り、ユーザに役立つ情報を提供する以外にも

他のページに興味を持ってもらう仕組みや、誘導も大切になります。

記事中に関連のある他のコンテンツに誘導したり、

ヘッダーやフッターに関連記事や

おススメ記事を表示し、興味をもってもらえたりすることで

回遊率が上がり、滞在時間も長くなります。

Googleアナリティスクでは、訪れたユーザーがあなたのブログ内での

行動フローも確認することができます。

どんな経緯であなたのブログに訪れて

訪れたページから、どのページに移動して離脱したのか確認できます。

アクセス解析をすることで、ユーザの求めている事を知ることができるため

その情報を、ブログに生かすことができます。

Googleアナリティクスを活用し、質のよいブログ作りに役立てたいですね٩( ”ω” )و