WordPressで簡単に目次を作れるプラグイン

本のように目次があるとブログ記事が長くなった時に、どこに何が書かれているのかが一目でわかるようになり、訪れた方が読みやすいブログになります。

じっくりと読み直したい場所へもビューンとすぐに移動でき、マウスをコロコロさせながら記事内を探す手間も省けます。

ユーザビリティ大切ですよね(=゚ω゚)ノ

ということで、見出しタグから自動で目次を生成してくれる便利なプラグイン

『Table of Contents Plus』を紹介します。

Table of Contents Plusのインストール

1.Wordpress管理画面【プラグイン】→【新規追加】をクリック。

2.【キーワード】に『Table of Contents Plus』(『』は抜かしてください。)入力。

3.【今すぐインストール】をクリック。

インストールが終了したら右上(もしくは左下)の【有効化】をクリック。(画像なしm(__)m)

4.【設定】をクリック。

Table of Contents Plus 基本設定

1.【位置】 目次を表示させたい場所を選びます。お好みで4つの中から選んでください。

最初の見出しの前(デフォルト)

最初の見出しの後(デフォルト)

トップ(記事の最初)

ボトム(記事の最後)

2.【表示条件】見出しがいくつ以上の時に目次を表示させるかを選びます。

ここでは2つ以上の見出しがあるときに、目次を表示させるようにしました。

個人的には2~3つ見出しがあったら目次を表示させたほうが、親切かなぁと思います。

3.【以下のコンテンツタイプを自動挿入】目次を生成するページの種類を選びます。

ここでは、post(投稿ページ)・page(固定ページ)を指定しました。

post(投稿ページ)は必須ですね。page(固定ページ)はお好みで選んでください。

4.【見出しテキスト】目次の上にタイトルを表示させるか、ユーザーによる表示の切り替えを設定します。

目次の上にタイトルを表示→デフォルトはContentsです。ここでは目次に変更しました。

テキストを表示→デフォルトはshow。ここでは表示に変更しました。

テキストを非表示→デフォルトはhide。ここでは非表示に変更しました。

5.【階層表示】h2・h3などを階層表示するか、しないか選びます。

ここでは階層表示をしたいのでチェックをいれておきました。

6.【番号振り】目次に番号を入れるか入れないか選びます。

番号振りを選択するとこんな感じです。

1.〇〇〇

2.◇◇

ここでは番号振りをしたいので、チェックを入れました。

7.【スムーズ・スクロール効果を有効化】選択した目次までの移動方法を選びます。

一気に選択した目次まで飛ぶか、スクロールしながら移動するかの2つです。

チェックを入れるとスクロールしながら移動します。

8.【横幅】【回り込み】【文字サイズ】

目次の横幅、位置、文字のサイズの設定です。

デフォルトのままで大丈夫ですが、カスタマイズしたい場合はお好みで変更してください。

9.【プレゼンテーション】目次のデザインを選びます。

6種類のなかからお好みで選んでください。

最後に【設定を更新】をクリックして基本設定は終了です。

見出しを表示させたくないとき

入力する場所は本文中ならどこでも大丈夫です。

まとめ

目次があると読みやすさがアップしますよね(^・^)

自動生成してくれるのもお手軽ですね。

今回設定したものは【プラグイン】→【Table of Contents Plus】→【設定】からいつでも変更可能です。

ご自身のブログのデザインやユーザーの読みやすさを考えて、設定してみてください。